1. HOME
  2. 開発ストーリー

開 発 ス ト ー リ ー

サ ー ビ ス 開 始 の 背 景

弊社は平成7年に創業いたしました青果物を中心とし調味料や食肉、鮮魚などを取り扱う広島県内を商圏とした総合食品卸売企業です。
私達は大切なお客様により安全な食材をご提供させていただく為に日本各地にある農家の方々と契約し食材を提供していただいております。
弊社が契約させていただいている農家の方々は大変、真面目に農業に取り組んでおられますが、昨年の豪雨災害をはじめ、暖冬等、自然の脅威には立ち向かいはするもののその力は大きく、十分な対応が出来ず、不作になる事も多くございます。
当社といたしましても、自分たちの目や口、五感で体感し食材を確認する為に現地に赴き、いろいろな情報を交換する中で多くの農家さんがB級、C級の農産物の販売・取り扱いに苦慮されている現状が散見されます。
規格外の長さや大きさ、見た目、小さなキズなど味には全く関係ないことで出荷できないうえ、毎日毎日、圃場の手入れや作物の管理、農業機械のメンテナンスなどもあり、旅行など長期でお休みされる方は皆無です。
そんな農家の方々の役に立ちたいという想いからこの事業を発案いたしました。

急 速 に 伸 び る 共 働 き 世 帯 数

現在、日本国内における共働き世帯は増加の一途をたどっています。
政府による働き方改革など施策は実施されていますが労働時間は一律に減少しておらず家事などに費やす時間は減少傾向にあるため、惣菜や冷凍食品などの需要は増加しております。
一方、クックパッドや、YOUTUBE等の料理情報提供事業は伸びており、自分で手作りして調理したいというニーズは少なくないと考えられます。
この様な『料理は手作りしたいけど、作る時間がない』という状況から、調理時間を大幅に短縮できるスチーム野菜の開発につなげました。

(出典:内閣府男女共同参画府)

な か な か 向 上 し な い 生 産 性

一方で、給食・食堂等での料理提供事業者の状況としては、食材の加熱・非加熱の区分において、下記の通り厳しく定められており、当社の『洗浄・皮むき・カット・加熱済み食材』は

1.洗浄・皮むき・カット・加熱時間を大幅に短縮化できる。
2.そのまま摂取される食品として取り扱うことが出来る。
3.加熱済食材であるため、調理工程間で機械器具等の必要な洗浄・消毒を必要としない。
4.加工済み食材の為、皮むき等の歩留まり率が良く、加工時の廃棄物も出ず、計画的な計量製造が可能。

という顕著なメリットがあり、有益であると考えております。

【食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する改正ガイドラインより抜粋】
(厚生労働省医薬食品局食品安全部長名により平成26年10月14日施行 )
(8) 食品間の相互汚染を防止するため、次の点に配慮すること。
① 未加熱又は未加工の原材料は、そのまま摂取される食品と区分して取り扱うこと。
② 製造、加工又は調理を行う区画へは当該区画で作業を行う食品取扱者以外の者が立ち入ることのないようにすること(ただし、当該食品取扱者以外の者の立入りによる食品等

時 間 短 縮 と 生 産 性 向 上

飲食業の労働生産性を鑑みると、全事業の中で最も労働生産性が低く、長時間労働、低利益に労働者不足も加わり、厨房内環境の悪化が懸念されています。

労働生産性を改善させるには、
1.売上高の向上
2.生産効率の向上
3.生産設備の改善

が重要と言われておりますが、急激に『売上高の向上』『生産設備の改善』は望むことはできないため『生産効率の向上』に重きを置かざるを得ない状況です。
ただ、生産効率の向上を行ったとしても、『品質低下』に繋がりかねないリスクを包含する為『時間短縮による効率化+高品質』が求められているため、当社製品の投入により、子育てや介護といった家庭の事情で時短勤務せざるを得ない優秀な人材の登用や、成果主義を前提とした評価制度を求める人材の評価を高められます。
また、ワーク・ライフ・バランスの実現は同一労働同一賃金の観点からも、短時間で高いパフォーマンスを発揮し、正当な評価を得られる働き方を促し、正社員と非正規社員の格差を是正することにもつながると考えております。